約定力が魅力の、インターバンク直接取引、NDD(No Dealing Desk)とは?

① NDDそもそも
NDD(No Dealing Desk)とは、「ディーリングデスクを介さない取引」です。「ノー・ディーリング・デスク」と読みます。これを採用しているFX会社は、透明性が高く、スプレッド(売値と買値の差)が狭く、トレーダーが損する事が少ないらしいのです。「インターバンク直結方式」とも呼ばれます。

 

反対に、NDDでないものは、相対取引(DD)といいます。店頭取引のFX会社は、相対取引になります。これは、FX会社と私たち個人投資家との間の取引とも言えます。ここにはディーラーが居て、個人トレーダーの注文を受けるのも、カバー先の銀行に自社の注文をするのも、やっています。

 

NDDは、ディーラーのデスクがない、つまりディーラーが取引に介入しないという事です。NDD採用の会社は、思わぬ値で約定してしまうスリッページや、ストップ狩りというものが起こりにくいとされています。ディーラーの介入する余地がないからです。

 

② FX会社とトレーダーとの間の、利益相反とは
NDD方式は、会社と個人トレーダーとの間に利益相反が起こらないとされています。相対取引の会社では、常に顧客と会社の間で、利益の奪い合いが起こっています。

 

会社が儲かれば、顧客が損をする、顧客が儲かれば、会社は出金に応じなければならない、これが「利益相反」です。低スプレッドと手数料無料をうたっていても、どこかで儲けなくてはならないのは、会社の宿命で、レート操作などは違法にならない範囲で行われます。儲けやすいので、相対取引を選ぶ会社は多いのです。

 

これに対して、注文をそのまま流すだけのNDD方式の会社の利益は、手数料またはスプレッド分だけなので、他で無理に儲けようとはしないのです。

 

③ インターバンクとNDD
「インターバンク市場」という言葉をよく聞きますね。これは、インターバンクという取引所があるわけではなく、銀行同士が取引をしている「場」全体を指して、インターバンク市場と読ぶのです。銀行間市場ともいえるでしょう。

 

世界中の銀行間の取引が為替レートを決める、インターバンク市場ですが、NDD方式は、FX会社がレートを操作せずに、そのまま顧客の注文をインターバンクに流すので、インターバンク直結と呼ばれ、透明性があるといわれているのです。

 

④ まとめ
NDD方式の会社の儲けは、顧客の注文時にスプレッドを上乗せした分ですので、以前は大口注文しか受け付けていませんでした。しかし、セントラル短信FXの「ウルトラFX」での5万通貨からの受付など、だんだんと小さい注文でも受け付けてくれるようになってきました。

 

これまで店頭取引つまりDD方式の会社を利用していて、スリッページや約定拒否に泣かされたトレーダー達の間で話題になり、2013年後半から、このNDD方式の会社に注目が集まっています。