FX業者の売買データを参考にしながら取引

経済は常に状況が変化するものなのでFXをするときも手法を固定せず柔軟な考え方でたくさんのやりかたを試すのがいいと思っているものの、やはり何か芯がないといざというときに考えがブレてしまいますし取引を行うときの決め手として自信がつくと感じます。
手法をころころ変えてもいつも根底にある考え方として、私の場合は扱う通貨ペアの売買比率やオーダー数などのデータから取引のエントリーとクローズを決めているので、どんな手法を使っていてもそのデータに反していて危険だと感じたときはどんなシグナルが出ていようがスルーしてリスク回避しています。

 

国内外を問わずそういった売買比率やオーダー数などを公開しているFX業者はたくさんあるので、情報に多少ラグがあっても取引の判断に使うには十分信用できる上にチャートを分析するよりもパッと見ただけで今どうしたらいいかということがわかりやすいと思います。
それぞれの業者が独自に顧客のデータを計算して発表しているから為替市場全体ではなくて結構ローカルなものだけれど、試しに複数の業者の同じ指標を見比べてみたら玄人好みの業者でも初心者に人気の業者でも不思議とポジションの持ち方に大きな差はないことがわかるため、どこか見やすいところを一つチェックしたらいい感じです。

 

FXは資金が大きいほうが勝つという思い込みがあるので売買比率もリアルタイムで高いほうが有利と思うかもしれませんが、チャートを見ているとどちらかというと数値の高いほうが劣勢なことが多く、これを見るだけでも新規でポジションを持つときの参考になります。
売買比率は未決済のポジションのデータなので損失が出ているときに決済したくないという心理が働いているから必然的に高い割合を占めるのかもしれませんし、そんなに急激にデータが変化しないからゆっくり見ながらその日の取引する方向を決めるのもいいでしょう。

 

このデータに沿って極端に売買比率が偏っていた場合そちらにはエントリーしないように普段から心がけていたら、トレンドの方向を読み間違えなくなって成績がアップしました。